体験者・参加者の声

子育てコーチインタビュー vol、1 外村春美さん

コーチングプラス認定の子育てコーチの皆さんの活動インタビュー

石谷(以下・石):ハルさんは、子育てコーチ養成講座きっての年長者ということですが、なぜ子育てコーチになろうと思ったのですか?きっかけはを教えてください。

外村(以下・外):自分の子育ての体験とか、20年間やってきた塾講師の経験とか、そういったものが今の若いママの子育てに何か役に立つんじゃないかなーって。でもそのためには、ちょっとそれを体系化するような勉強がしたいなーって思っていて、学ぶならふっちゃんから学びたいと思って、思い切って受講しました。

 

石:ハルさんは、自分の子育て経験と塾の先生だったことが基盤として、いつも話している「経験を貢献に変える」ということですね。では、実際にはどんな活動をされていますか?

外:今日も、6月にやるエッセンス講座が決定しました。毎月30分のミニ講座を「ぽこあぽこ」でやっています。もう2回やっています。そこでは子育てコーチで勉強したことが役に立っています。

 

石:エッセンス講座もいいけど、やっぱり応用がきくのは子育てコーチ養成講座の方が絶対いいでしょ?。子コcafeとかも全部ミックスして・・・自分の持ち味とかも使えるし。ミニ講座での手ごたえとかは?

外:自ら開講する勇気がなかったんだけど、こういう広場(ぽこあぽこ)でやってくれるんなら、と思って昨年12月にボランティアに志願しました。その時は、まだ勉強中ですって言ったら、施設長さんがふっちゃんのことを良く知っていて、修了したらぜひ来てくださいと言われたんですよ~

石:それは無料でやってるの?  

外:今は無料です。それも事前告知はしますが、申し込みはいらない形なんです。突然、その場にいた人が参加する感じです。

 

石:それなら来る人も楽だよね。

外:そうなんです。一人でポツンとしているようなお母さんに、今日来てるからやったらいいよ、そこでお友達になったらいいよね!私がふっちゃんから習っているのってワークが主体だから、そいうお母さんにお友達づくりのきっかけになるんじゃないですか、って売り込んだんです。一人で考えているよりみんなで話すと良かったっていう反応もあるようです。

 

石:一回当たり何人くらい参加していますか?

外:今まで3-4人、 6人ぐらいです。

 

石:6人ぐらいがいいよね。一人で目が行き届くし。

外:先生(石谷)のネームバリューを借用してます・・笑

 

石:江別市では何回か市の講演会をさせてもらっているので、ちょっとなネームバリューあるかな~

外:1回終わったらこれって来月もできませんかって言われて、それからは図々しく、ハイできますって(笑)やってます。

 

石:同じことでも来てるメンバーが違うと、見え方が変わってくるから・・・・

外:先生にも3-4つのテーマを順繰りにって思ってますって言ってあるんだけど。4回終わって5回目がエッセンス講座をします。5回目は、広報に載せてくれるって言ってたから20人マックスでやるって言ってました。

 

石:それはすごいですね。

外:それ以外にも、このような活動と、子育てコーチから発展して、目標を持ってみたいな個人コーチもやってます。

 

石:パーソナルコーチングのテーマはどんなものですか?

外:年齢は50代の男性。やる気なくなる時ってあるでしょ。その時だったみたいなの。10年20年後もちゃんと考えた上で今何するか。っていうことを考えましょ。そいうのってなんて言ったらいいの。ライフスタイルコーチングかな。でも、そんなの考えなきゃいけないのかなって言ってたけど、このまえ一応宿題ですからねって、やれなかったらやれないで、まあ継続しないとか、でも一回区切らないとわかんないかなって、わかりましたって、ちゃんとやってきたけど、やっぱりお尻叩かれたらやるねって言ってた。まだ仕事メインみたいだけど、一言言ったのは、これ見てて我慢していることがあるって気がついたって。

 

石:なにやったの?

外:いや何にも特別なことはしていません。20年後を見てくださいって。でも、今やんなきゃならないことばっかり目が行って、それが何のためにするかが見えてないなっておもったから、まず長いけど20年先見てくださいって言ったわけ。どんな自分だったらハッピーか考えてきてください。だけど結果的にはお子さんが大学生でお金かかるんだよね~~。

 

石:そうですね。未来を見る余裕が無くなって、しなくちゃいけないことばっかりになると空しくなりますからね。今活動内容としては市内の子育て支援の場所で定期的にやっていて、個人コーチングもやっているという、二本柱ですか。今後はどんな活動をしようと思っていますか?

外:お爺ちゃんおばあちゃんの年代とか、あと自分の年代に近い人も、実は子育てコーチングの内容を知りたがっているというか、知るとすごく参考になるって言われるわけ。孫とのかかわりとか。「ぽこあぽこ」におじいちゃんとおばあちゃんで来ていて、おばあちゃん参加してくださいって、かわいいかわいいでずっといたのに、責任もね感じて接しなきゃいけないなーと若いママたちと接して思ったって・・・甘やかさないで~自分が現役のママだったときのことも思い出したみたいだったの

 

石:そりゃすばらしい

外:だから、これは私の持ち味を生かせる分野だなーと思って、おばあちゃん寄りに近いからさ~~、若いコーチが言うよりも説得力あると思うんですよ。

 

石:私もそのあたりの年代層もやりたいと思っています。やっぱりおじいちゃんおばあちゃんの支援があて働けるママたちもいると思うし、情報交換できるようなそういうこともしたいと思っています。

外:私の構想の中では、助産師さんと三回講座とか四回講座とか組んだらできるなと思ったの。医学的な分野は助産師さんのほうがたけているし、それをそっちの助産師さんと組むことによって、フォローできるし、コーチ的な未来ビジョンの方はコーチとしてやっていくっていうのもできるなー

 

石:素晴らしい。子育てコーチになってみてどんな気持ちですか?

外:良かったです!今日午前中エッセンス講座決まったし、超嬉しいです。ふっちゃんから学べて本当によかったです。これからは私が講師をすることもしたいですが、ふっちゃんを呼んで講座を開催してみたいとも思っています。

 

石:最後に、これから子育てコーチを目指している人へ、迷っている方へメッセージがあれば、お願いします。

外:子育てと聞くと子どものためと思いがちですが、実はあなたの魅力を増すために、成長と人間磨きのために、最高の場になりますから、ぜひあなた自身のために、お出かけください。

 

石:私も本当にそう思います。今日は本当にありがとうございました。あなたの成長が子供の未来を・・・

 

< 前の記事

次の記事 >

体験者・参加者の声トップへ戻る

このページの最上部へ