体験者・参加者の声

子育てコーチ養成講座8期生の声

 私が養成講座を受講したきっかけは、ふっちゃんです。マツダミヒロさんの問塾で出会ったふっちゃんはキラキラしていました。頂いた名刺からHPを拝見し、すぐに子育てコーチ養成講座を受講してみたい!と思いました。学研教室で指導をする中で、学習効果を高める質問をしたいと模索していたけれど、これなら子どものトータルサポートができそう!と感じたからです。
 
 まず子コCafeを受講。子育てへのコーチング活用法がとってもわかりやすく、養成講座受講を決めました。ふっちゃんは、何気なく話しているように見えて、難しいことをわかりやすく変換、たくさんのワークで実体験、その日の最後にはストンと腑に落ちる構成になっているところが素晴らしいです。

 この講座で得たものはたくさんありますが、代表的なものとして『自分を知ること』『コーチングを実践すること』『ブランディング』『仲間』の4つが挙げられます。

 小さい頃からずっと “I’m not OK, You are OK.”と感じ、生きづらさを抱えていました。第2回『リフレーミング』で自分の欠点を受け入れ(例:優柔不断→熟考する)、第6回『自己理解』で、自分の強みを見つけました。真面目で面白みがないのが嫌で仕方なかったのですが、学研教室の指導者としてはこれが強みではないかと思えるようになりました。
 
 ふっちゃんのコーチングを受けながら、見よう見まねで自分でもコーチングセッションを行いました。傾聴は得意だと思っていたけれど、相手に入り込みすぎて自分の問題のように抱えてしまったり、質問をするはずが自分の意見を語ってしまったり、冷や汗ものでした。けれども、セッションを通して自分の話し方の癖が分かりました。

 ゲストコーチの回、塚田コーチのグループコーチングで、学研教室のチラシづくりに悩んでいる話をしたところ、テンポの良い質問でたくさんの気づきを得ました。第7回で自分が大切にしているのは、『品質』や『ライフスタイル』であることがわかり、私の目指す教室像が明確になりました。

 全8回の講座を通して、“Im OK.”になれたと思います。自分自身が浮き彫りになり、時に苦しいワークも、同期の仲間と一緒に乗り越えることができました。宿題ができないとお互い励ましあったり、頑張っている姿に刺激を受けたり、最後のオープンセミナーでは、みんなが個性を活かした素敵な発表だったと思います。

 ライフワークを見つけることもできました。私は、オープンセミナーで絵本を用い、アニマシオンのゲーム形式で質問を学ぶ発表にしました。絵本+コーチングがとても面白かったので、様々な本でやってみたいし、学習指導にも役立てたいです。
 
 講師のふっちゃん・ゲストコーチ・8期の仲間との出会い、応援してくれた家族、すべての方に感謝しています。ありがとうございました。


中村千春


私が養成講座を受けようと思ったのは、ふっちゃんの「30年後の日本の為に 今の子供達を 育てる」という 壮大な考えに感動したからです。
夢を持てない子供達、すぐに諦めてしまう子供達、親の指導がないと何も出来ない子供達。
子供達が輝く為に 何かしたい…と 探してる時に ふっちゃんとの出会い。子供が輝くには、まず親が輝く事が大切だという考えに共感し、私も輝くママを増やしたいと思ったからです。

 養成講座を受けるにあたって 事前のオリエンテーションは、 ふっちゃんの真剣さが伝わり 受講に対して身を引き締めてくれました。
おかげで、途中 落ち込む事があっても 諦めるコトなく続けられました。

 講座で良かった事は、コーチを「学び」ながらコーチを「実践する」。そして「感じる」が同時進行で、その時々に修正が出来た事です。
特に「感じる」事は 普段 沢山しているはずなのに、意識してみると、自分の状態の良し悪しを客観視してるようで 自分を知る事が出来た気がします。
ゲストコーチには グループコーチング、時間管理、生まれる事の神秘、そして ママ達と長く付き合えば必ず訪れる 子供の思春期の心…の話しを頂きました。

 グループコーチングでは、多彩な質問に圧倒され 質問の効果を感じました。
「もしドラ」をモデルに 時間管理についての講座では、自分のムダな時間と必要な時間、手放せる事の仕分けをするコトで、心の余裕を持つ事が出来る。
なかなか 出来そうで出来ないけど、少しずつ 仕分けをしたいとです。
出産の現場から 赤ちゃんの誕生の感動と神秘を見せていただいた時は、自分の出産の事を思い出したりして ウルウル状態でした。
授精のお話に 感動して 子供を愛おしく かけがえのないものだと改めて思ったし、沢山の人に伝えたいと思いました。
思春期の心の話しは、高2の息子をもつ私にとって とてもタイムリーでした。
どんなに「大丈夫」と信じていても やはり心配だし ついつい 助けを出してしまったり…
私にとって課題の多い講座でした。

 自分がコーチとなって定期的に6回セッションをするのは 初めてで 不安がいっぱいでしたが、毎回クライアントの心の変化を
感じるのが 楽しかったです。
最後に「すごく楽になれて良かった。ありがとう」と言われ事が なによりの報酬でした。

 ふっちゃんとのセッションは 私の元気の源でした。
コーチが元気じゃないと クライアントを元気に出来ない。
それを通例に感じた時の ふっちゃんとのセッションは、本当に「コーチの必要性」を感じました。
ママがみんなコーチになったら 元気いっぱいの子供達で日本は溢れるでしょう。

 この講座で学んて感じた事を まず 家族に実践して 少しずつ 周りの人や地域のママにも笑顔を増やしたいです。
そして 10年後、20年後 その子供達から「夢がかなったょ~」って報告がもらえる《おばちゃん》になりたいです。

ふっちゃん
ぁりがとう。


古川京子


私は保育士を養成する専門学校で講師をしています。この学校の学生は半数以上がシングルマザー。「様々な悩みを抱える学生が自分の中から問題解決のヒントや答えを見つけられたら」という思いと、「自宅サロンに来てくれる乳幼児の子育てのママたちの助けになれたら」という思い、そして「自分は一体何を目指したいのかを知るため」、子育てコーチ養成講座を受講することを決めました。

 講座は理論・実践ともに多彩な内容で、講座のない日もコーチングについて考え続けた4ヶ月でした。初日にくじをひいて「サプライズパートナー」を決めました。相手が喜ぶことを気付かれないようにする。どうしたら喜んでもらえるか相手を見て考え続けました。期間中、私のパートナーは本当にたくさんのことをしてくれていました。それを知った最終日には、彼女の愛情の深さに脱帽しました。そして、終わってからも何か人が喜ぶことができないか考える習慣がついたことがとてもよかったです。

 実践も大きな学びでした。自分がクライアントさんにした6回のセッション。はじめは子育てに自信なさそうで自分を責めていたクライアントさんが、みるみる明るい顔になり、「子どもがかわいくてたまらなくなった」と、生き生きとしていく姿を見るのは本当に嬉しいことでした。ビジネスについて、恋愛について、子育てについて、様々な内容でいろいろな方をコーチングしていく中で、クライアントさん自身の変化、取り巻く環境の変化を目の当たりにし、コーチングの素晴らしさを実感しました。

 ふっちゃんに自分がしてもらった6回のセッションは、思っていたほど連続したものではなく、その時々の自分の必要に応じて、課題や答えは変わっていきました。でも6回の継続の中で見えてくるものがありました。
 講座の途中にはつらい内容もありました。普段わざわざ考えないことも、時間を取って考えると意識に上がってきます。そんな時はそれぞれの優しさで8人の仲間やふっちゃん、卒業生がサポートしてくれました。ゲストコーチの講座にも大変刺激を受けました。様々な考え方、知識、得意なことを生かしあうコーチどうしの信頼関係、人を本気で応援する心。人はやはりひとりだけでは学ぶことができないことを知りました。

 今後は学んだコーチングを最大限に生かしていきたいです。授業や講座の構成を目的に沿った流れにするためにコーチング技術を使ったり、セッションも継続的にしていきたいです。自分が普段から大切にしている「日々の中の幸せを見つけるお手伝い」に、コーチングはとても合っていると思うのです。今回、何よりよかったことは自分が幸せな気持ちを保てるようになったことでした。こわい気持ちを克服して思い切ってやってみてよかったです。ふっちゃん、ゲストコーチの皆さん、8名の仲間に感謝の気持ちを持ち続けながら、北海道の地で、コーチングの素晴らしさを伝えていきたいと思っています。


菊地三奈


11月17日から3月9日まで113日間に及ぶ子育てコーチ養成講座が終わり、今一番感じているのは『子育てコーチ』として自分にしか出来ないことは?という質問に対する答えさがしです。
そもそも私がこの子育てコーチ養成講座を受講した理由は大きく3つあります。

 1つめは、コーチであるふっちゃんが大好きで、憧れていて、尊敬しているから。
そして2つめがコーチングって面白い!!とコーチング自体に魅力を感じていたから。
そして3つめ。現在ベビーマッサージ講師をしていて、楽しいし生きがいも感じる。でもこの先ずっと続けたいのか、本当に私がやりたいのはベビーマッサージなのか。自分自身の方向性を見出せないでいたからです。

 ただ、私の考えは甘く養成講座が始まってみると楽しいよりも『ツライ』という感情の方がしばらく大部分を占めていました。『どんなコーチになりたいか』、『コーチングとは?』という説明も自分の腑に落ちるような説明が全く思い浮かびませんでした。リフレーミングや質問でも、自分の偏った考え、
価値観、ボキャブラリーの少なさを痛感しました。

 でも自己理解をしていくことは、私に大きな勇気と自信を与えてくれました。強みやニーズを知ることで、初めて自分ときちんと向き合って話が出来たような気がします。後半になりやっと講座を楽しみながら学び、一緒に学んだ8期の仲間とも向き合えるようになりました。こんなにそれぞれの個性があって素晴らしい仲間と一緒に学び、感じ、泣き、笑い、企み、色々な経験を出来たのは今まで生きてきた中で私にとってもしかしたら一番充実していた時間なのかもしれないと思います。

 そして、4人のゲストコーチはもっともっと話を聴いていたい!と思わずにはいられない方ばかりでした。なかでも特に私は首藤さんには、いつも『時間が足りない!』と感じている私の『時間』を大幅に増やしていただきました。

 この子育てコーチ養成講座を通して『子育てコーチ』として私にしかできないこと。それは、今まで自分がしてきたベビーマッサージはやっぱり続ける!という決断。そして、私は一人一人としっかり関わりたいのでおうちに伺ってレッスンをしているということ。その中で今回学んだコーチングを活かして、子育て中のママ自身が心からの幸せを感じながら自信を持って生きていける。そんなサポートを私らしくしていくことが私にしか出来ない事の一つではないかと感じています。

 たった4ヶ月の間で、こんなにも自分が変われるとは予想していませんでした。こんなにも成長させてくれたコーチのふっちゃん、ゲストコーチできてくださった方々、共に学んだかけがえのない仲間、そしていつも応援・協力・支えてくれた夫と小さいけど大きな存在の子供たち3人に感謝しています。ありがとうございました!


萩原英理

< 前の記事

次の記事 >

体験者・参加者の声トップへ戻る

このページの最上部へ